宮城県考古学会 The ARCHAEOLOGICAL SOCIETY OF MIYAGI PREFECTURE
 宮城県の考古学情報
 全国の考古学情報
 オンライン考古学情報
 
 学会からのお知らせ
 連絡紙WEB版
 総会・研究発表会
 遺跡調査成果発表会
 研究部会
 
 
 会誌『宮城考古学』
 図書頒布・PDF公開
 活動報告
 
 入会案内
 投稿案内
 会則・細則
 
 リンク
 
 事務局
 
 
 
 

 
 著作権・リンク・免責事項
  ©2012 宮城県考古学会
 宮城県考古学会は、宮城県を中心とする考古学の調査研究の発展と普及を図り、会員相互の親睦を深めることを目的として1998年に設立されました。年1回の総会・研究発表会、宮城県遺跡調査成果発表会の開催と、会誌『宮城考古学』の刊行、年3回の「連絡紙」の発行のほか、各研究部会が活動しています。
 このホームページでは、会員および考古学研究者・愛好者の皆さまへ宮城県の考古学情報と宮城県考古学会からのお知らせを提供します。
<研究部会>旧石器部会 第40回例会 開催報告
9月25日(土)に開催し、学術発掘調査(東北大学大学院考古学研究室・山形県酒田市 八森遺跡)を見学しました。>>>詳細情報
<図書頒布> 『宮城考古学』 第23号(最新号)
 A4判 250頁 頒価2,500円(送料別) >>>目次詳細 >>>購入方法
特集1 東日本大震災の記録(10)―2020年度―(藤沢 敦・生田 和宏)/特集2 『薬莱山麓遺跡群をめぐる旧石器研究の展開』 (佐久間 光平・小野 章太郎・洪 惠媛・熊谷 亮介・鈴木秋平・吉田 桂・大場 正善・鹿又 喜隆・青木 要祐)/論文/縄文早期中葉「大穴式」土器の再検討―蛇王洞Ⅱ式と三戸式土器について―(相原淳一・佐藤信行)/陸奥国府における造瓦技術の受容と変遷(1)―郡山遺跡の瓦を中心に―(及川謙作)/古代後半期における土師器埦―多賀城周辺の事例から―(小原駿平)/鳴瀬川上流域の中世城館Ⅰ―宮崎地区・田川流域(上)― (佐藤信行・山口義了)/展望/東日本大震災による「震災遺構」の保存を考える(佐久間光平)/史跡紹介/国史跡 赤井官衙遺跡群 赤井官衙遺跡 矢本横穴(重森直人)/博物館紹介/名取市歴史民俗資料館の概要(鈴木舞香)/惜別/佐々木茂楨氏を偲ぶ(古川一明)/佐々木安彦氏を偲んで(石黒伸一朗)/活動報告/2020年度宮城県考古学会活動報告(菅野智則)/宮城旧石器研究会(旧石器部会)活動報告(熊谷亮介)/縄文部会活動報告(菅野智則)/古墳古代部会活動報告(佐藤敏幸)/中近世部会活動報告(森田義史)/『大地からの伝言』等活用研究部会活動報告(佐藤好一)/阿武隈水系研究会活動報告(相原淳一)
宮城県の考古学情報 >>>詳細情報
宮城県多賀城跡調査研究所「多賀城講座」
11月6日(土)・ 11月13日(土)・11月20日(土) 東北歴史博物館
多賀城跡第95次発掘調査現地説明会
10月23日(土) 多賀城跡第95次発掘調査現場(多賀城市市川字大畑)
歴史資料館開館35周年記念グッズ発売のお知らせ
発売日:11月6日(土) 販売場所:七ヶ浜町歴史資料館
奥松島縄文村講演会「縄文遺跡と世界遺産」
11月27日(土) 東松島市・奥松島体育館
前浜貝塚の埋葬骨を読み解く― 再鑑定から見えてきたこと ―
10月17日(日) 気仙沼市・前浜マリンセンター
弥生時代研究会 『籾』10号記念号刊行のご案内
北海道・東北・関東地方を中心とした弥生文化研究の論考を17本収録
「カラー新版 南三陸の山城と石塔
 -東日本大震災後の調査でわかったこと-」刊行のお知らせ
田中則和著 前著の完売に伴い増補改訂・カラー版として電子書籍化
オンライン考古学情報 >>>詳細情報
弥生時代研究会 2021 第7回online 学習会
11月20日(土) 特集「宮城県大崎平野の縄文/弥生」
※要事前申し込み・学生参加費無料
全国の考古学情報 >>>詳細情報
「北海道の防災考古学
 -遺跡の発掘から見えてくる天災-」刊行のお知らせ
北海道の遺跡発掘調査で発見された「天災痕」122遺跡分を収録。各地で遺跡の調査を担当してきた執筆者たちが、北海道の天災の過去に迫った1冊です。
発行:「北海道の防災考古学」編集委員会
体裁:A5版 235頁 販売価格:2530円(税込)
専門職員(考古)採用情報 >>>詳細情報
(公財)仙台市市民文化事業団 正職員〔学芸事務(考古学)〕
申込期日 令和3年10月20日(水) ※消印有効
東松島市:学芸員(埋蔵文化財)
申込受付期間 令和3年10月1日(金曜日)から令和3年10月29日(金曜日)まで
考古学情報をお寄せください。 メール

出前授業・講座のご案内
過去の自然災害に関する考古学的な
研究成果を分かりやすくお話します。
入会のご案内
県内の発掘調査成果や考古学研究の
最前線に触れてみませんか。
「宮城の旧石器時代遺跡」
A4版 116ページ フルカラー
販売価格:1,000円
【ご購入方法】
「大地からの伝言 宮城の災害考古学」
A4版 57ページ フルカラー
販売価格:500円
【ご購入方法】
<お知らせ> 宮城県考古学会刊行物の店頭での取り扱いについて
宮城県考古学会刊行物の一部については、東北歴史博物館のミュージアムショップでも取り扱っておりましたが、このたび国立歴史民俗博物館およびせんだいメディアテークのミュージアムショップでも取り扱いが開始されました。ぜひ店頭にてお手に取っていただき、ご利用いただきますようご案内申し上げます。>>>詳細情報
<連絡紙> 第81号を発行しました
会員の皆様へ4月17日付で発送しました。まだ届いていない方、送付先住所等に変更のあった方は事務局あてご連絡ください。>>>連絡紙WEB版
<活動報告>2021年度 宮城県考古学会総会・研究発表会を開催しました
2021年度宮城県考古学会総会・研究発表会は、5月15日に白石市中央公民館およびオンライン配信にて開催しました。>>>詳細情報
<会誌> 会員の皆様へ『宮城考古学』 第23号を発送しました
会員の皆様へ5月18日付で発送しました。まだ届いていない方、送付先住所等に変更のあった方は事務局あてご連絡ください。>>>目次詳細
<お知らせ>
『令和2年度宮城県遺跡調査成果資料集』のデジタルデータの公開について
新型コロナ感染症対策のため、例年開催しております遺跡調査成果発表会は中止となりました。従来、会員外の方にもこの報告会を一般公開としておりましたが、その代わりとして、資料集のPDFファイルを公開することと致しました。この公開に関しまして、ご承諾頂いた各執筆者・機関のご協力に感謝申し上げます。>>>詳細情報
会員の皆様へは1月14日付で冊子版を発送しております。まだ届いていない方、送付先住所等に変更のあった方は事務局までご連絡ください。
<お知らせ> 第12期(2020・2021年度)役員名簿について
2020年度は宮城県考古学会の役員改選時期になっております。2020年度総会で承認された、第12期(2020・2021年度)の役員名簿についてお知らせいたします。 >>>詳細情報
これまでの主なお知らせ
<研究部会> 活動報告:旧石器部会 第40回例会>>>詳細情報
活動報告:縄文部会 第30回例会>>>詳細情報
活動報告:古墳・古代研究部会・中近世部会>>>詳細情報
活動報告:中近世部会 第2回勉強会>>>詳細情報
活動報告:「大地からの伝言」等活用研究部会>>>詳細情報
<図書頒布> 会誌 第5~15号ほかの価格改定について >>>詳細情報
<お知らせ> 栗原市入の沢遺跡の国史跡指定について >>>詳細情報
<お願い> 連絡先住所等に変更があった方は事務局あてご連絡下さい。