ホーム
 
 学会組織など
  役員・事務局
  会則・細則
 
 学会事業・活動
  総会・研究発表会
  遺跡調査成果発表会
  研究部会
 
 刊行物
  会誌『宮城考古学』
  遺跡発表会要旨集
  その他の刊行物
  図書頒布案内
 
 学会からのお知らせ
 連絡紙WEB版
 
 入会案内
 投稿案内
 
 宮城県の考古学情報
 全国の考古学情報
 オンライン考古学情報
 専門職員採用情報
 
 リンク
 
 お問い合わせ
 著作権・免責事項など
  ©2012- 宮城県考古学会
宮城県考古学会 The ARCHAEOLOGICAL SOCIETY OF MIYAGI PREFECTURE
 宮城県考古学会は、宮城県を中心とする考古学の調査研究の発展と普及を図り、会員相互の親睦を深めることを目的として1998年に設立されました。年1回の総会・研究発表会、宮城県遺跡調査成果発表会の開催と、会誌『宮城考古学』の刊行、年3回の「連絡紙」の発行のほか、各研究部会が活動しています。
 このホームページでは、会員および考古学研究者・愛好者の皆さまへ宮城県の考古学情報と宮城県考古学会からのお知らせを提供します。
<お知らせ>2023年度総会・研究発表会の研究発表・ポスターセッションの募集について
2023 年度宮城県考古学会総会・研究発表会は2023年5月13日(土)に開催予定です(会場未定)。研究発表会での会員の皆様の研究発表とポスターセッションについて募集いたします。発表希望者は2023年2月末日までに申し込みください。>>>詳細情報
<お知らせ>令和4年度遺跡調査成果発表会を開催しました
令和4年度宮城県遺跡調査成果発表会は令和4年12月10 日(土)、栗原市の栗原文化会館 2階大研修室で開催しました。多くの皆様にご参加いただきありがとうございました。開催報告は近日中に掲載します。
<お知らせ>連絡紙第86号を発送しました
会員の皆様へ11月23日付で発送しました。1週間程度経過しても届かない方、送付先住所等に変更のあった方は事務局あてご連絡ください。>>>連絡紙WEB版
<研究部会>縄文部会活動報告:第34回例会
10月30日(日) 村田町姥沢遺跡にて東北大学埋蔵文化財調査室・考古学研究室が実施している発掘調査の見学を行いました。 >>>詳細情報
<図書頒布> 『宮城考古学』 第24号を刊行しました
 A4判 338頁 頒価2,500円(送料別) >>>目次詳細 >>>購入方法
特集1 東日本大震災の記録(11)(藤沢 敦)/特集2 三十稲場式系土器の成立と展開(相原淳一・田中耕作・加納 実・植松暁彦・榎本剛治・稲村晃嗣・小林圭一・菅野智則)/論文/宮城県域及び東北地方の後期旧石器時代前半期石器群の検討(佐久間光平)/陸奥国府における造瓦技術の受容と変遷(2)―大蓮寺窯跡と東北各地から出土した瓦との比較を中心に―(及川謙作)/陸奥中部における古代の館と有力者居宅(1)―大衡村亀岡遺跡の再検討を糸口として―(村田晃一)/鳴瀬川上流域の中世城館Ⅱ―宮崎地区・田川流域(下)―(佐藤信行)/信心具としてのプラケット・メダルそしてメダレット・メダリオン―キリシタン遺物の呼称と国際性―(佐々木和博)/研究ノート/鳴瀬川採取の縄文・弥生土器について(藤原二郎・佐藤祐輔)/平安時代の非ロクロ土師器―畳表状圧痕土器―(斎野裕彦・小山祐子・小川とみ)/多賀城の古代末期の土器様相―基準資料SK078出土土器の再検討―(舘内魁生)/丸森町小斎鹿島神社の中世陶器とその性格(石本 弘・小川淳一)/御釜神社境内出土の塀瓦―その使用年代と出自を中心として―(髙橋守克)/資料紹介/宮城県産パーライトと村田町賀篭沢遺跡出土黒曜石製石器の原産地推定(佐々木繁喜)/岩沼市北原遺跡で確認した貝層について(武田裕光)/宮城県北部採集の古代の施釉陶器について(高橋 透)/博物館紹介/石巻市博物館の概要(佐藤麻南)/活動報告/2021年度宮城県考古学会活動報告(菅野智則)/特別委員会活動報告/宮城旧石器研究会(旧石器部会)活動報告(熊谷亮介)/縄文部会活動報告(菅野智則)/中近世部会活動報告(森田義史)/阿武隈水系研究会活動報告(相原淳一)
<お知らせ>会誌『宮城考古学』投稿案内の改訂について
会誌『宮城考古学』の投稿案内を改訂し、論文の規定ページ数を18ページから22ページに引き上げることとしました。また、投稿申込み用のフォームを作成しましたので、執筆を希望される方は投稿案内の内容をご承知いただき、規定ページ数に沿った投稿をお願いいたします。>>>投稿案内
宮城県の考古学情報 >>>詳細情報
第11回 企画展『令和3年度発掘調査報告展』
1月8日(日)~3月26日(日) 名取市歴史民俗資料館
関連講演会 「出土文字史料と古代の名取郡」
1月29日(日) 14:00~15:30
令和4年度 第4回 名取の歴史講座
2月26日(日) 13:30~15:00
シンポジウム「板碑が語る中世の石巻-『石巻の歴史』板碑編から30年-」
2月5日(日曜日) マルホンまきあーとテラス(石巻市)
令和4年度石巻市博物館第2回企画展「石巻の板碑―調査の記録をたどる―」
1月28日(土)~令和5年3月26日(日) 石巻市博物館
令和4年度博物館講座「遺跡が語る石巻の先史・古代」(全2回)
マルホンまきあーとテラス(石巻市)
1回目:「銛で捕ったどー!-縄文時代の海の営み-」
1月22日(日)13時~15時
2回目:「桃生・牡鹿の国家拠点-対蝦夷三十八年戦争始まる-」
2月26日(日)13時~15時
第3回縄文の森講座 「縄文人─その実像に迫る─」
縄文の森広場(仙台市)
2月26日(日)13:30~15:30 定員:会場30名、オンライン80名
令和4年度地底の森ミュージアム考古学講座
地底の森ミュージアム(仙台市)
第1回「旧石器時代研究最前線」
2月11日(土) 13:30~15:00 定員:会場40名、オンライン80名
第2回「ヨルダンの旧石器遺跡に探るホモ・サピエンス繁栄の謎」
3月12日(日) 13:30~15:00 定員:会場40名、オンライン80名
地底の森ミュージアム企画展「遺跡のミ・カ・タ」
1月5日(木)~2月26日(日) 地底の森ミュージアム(仙台市)
令和4年度東北歴史博物館れきはく講座
2月18日(土) 「宮城の復興と発掘調査」  千葉直樹
2月25日(土) 「東北地方の古墳づくり」  山口貴久
3月4日 (土) 「東北先史社会の石の利用」 小野章太郎
3月11日(土) 「考古学からみた津波災害の課題と展望」  相原淳一
3月18日(土) 「縄文時代のマグロ漁」 山田凛太郎
テーマ展示は、「楠本政助と石巻の考古学―縄文人の知恵にいどむ―」
令和5年1月5日(木)から3月26日(日) 東北歴史博物館(多賀城市)
企画展「松島湾三町文化財展」
松島湾に面する七ヶ浜町、松島町、利府町が所蔵する文化財や資料を展示。
利府会場 12月3日(土)~2月12日(日) 利府町文化交流センター「リフノス」
蔵王町谷地遺跡発掘調査報告書の限定頒布について
縄文時代中期前半の蔵王東麓における拠点集落跡。土偶138点出土。
全国の考古学情報 >>>詳細情報
第49回古代城柵官衙遺跡検討会
2月18日(土曜日)13時30分~16時45分、19日(日曜日)9時30分~15時
場所:ホテル丸屋グランデ(福島県南相馬市)
企画展「古代ふくしまの開発―矢吹が原を中心に―」
1月21日(土)~3月21日(火) 福島県文化財センター白河館 まほろん(白河市)
関連講演会1 台地の開発、低地の開発
1月22日(日)13:30~15:20
関連講演会2 製鉄をめぐる古代ふくしまと近江の諸関係
3月11日(土)10:40~15:30
企画展「滝沢市の古墳時代」
12月3日(土)~令和5年3月5日(日) 滝沢市埋蔵文化財センター
『地域歴史文化継承ガイドブック 付・全国資料ネット総覧』刊行および全文公開のお知らせ
A5判・並製・248頁 発売中・全文公開中(PDF/EPUB)
オンライン考古学情報 >>>詳細情報
第3回縄文の森講座 「縄文人─その実像に迫る─」
縄文の森広場(仙台市)
2月26日(日)13:30~15:30 定員:会場30名、オンライン80名
令和4年度地底の森ミュージアム考古学講座
地底の森ミュージアム(仙台市)
第1回「旧石器時代研究最前線」
2月11日(土) 13:30~15:00 定員:会場40名、オンライン80名
第2回「ヨルダンの旧石器遺跡に探るホモ・サピエンス繁栄の謎」
3月12日(土) 13:30~15:00 定員:会場40名、オンライン80名
弥生時代研究会2023第1回online学習会
3月4日(土)18:00~21:00(終わりの時間は流動的です)
会場:オンライン(Zoom)
内容:関根史比古「縄文時代晩期・浮線文土器の分類と地域性」
    佐藤 豪「中央高地・関東西部における平沢型壺成立期の土器様相について」
専門職員(考古)採用情報 >>>詳細情報
考古学情報をお寄せください。 >>>情報提供メールフォーム
出前授業・講座のご案内
過去の自然災害に関する考古学的な
研究成果を分かりやすくお話します。
入会のご案内
県内の発掘調査成果や考古学研究の
最前線に触れてみませんか。
「大地からの伝言 宮城の災害考古学」
A4版 57ページ フルカラー
販売価格:500円
【ご購入方法】