ホーム
 
 学会組織など
  役員・事務局
  会則・細則
 
 学会事業・活動
  総会・研究発表会
  遺跡調査成果発表会
  研究部会
 
 刊行物
  会誌『宮城考古学』
  遺跡発表会要旨集
  その他の刊行物
  図書頒布案内
 
 学会からのお知らせ
 連絡紙WEB版
 
 入会案内
 投稿案内
 
 宮城県の考古学情報
 全国の考古学情報
 オンライン考古学情報
 専門職員採用情報
 
 リンク
 
 お問い合わせ
 著作権・免責事項など
  ©2012- 宮城県考古学会
宮城県考古学会遺跡調査成果発表会 > 開催報告 > 令和3年度宮城県遺跡調査成果発表会

 宮城県遺跡調査成果発表会<開催報告>

 令和3年度 宮城県遺跡調査成果発表会

 令和3年度宮城県遺跡調査成果発表会は令和3年12月11日(土)に、宮城県教育委員会、涌谷町教育委員会、宮城県史跡整備市町村協議会の共催を得て、下記の日程で涌谷公民館交流ホールにおいて開催されました。

<開催概要>
期日 令和3年12月11日(土) 10:20~15:35
会場 涌谷公民館交流ホール
主催 宮城県考古学会
共催 宮城県教育委員会・涌谷町教育委員会・宮城県史跡整備市町村協議会
内容 口頭発表8件・資料発表12件、遺物展示7件
入場料 無料(発表資料は希望の場合、1000円頒布(会員以外))

<成果報告>
当日は、県内外より考古学に関心を寄せる方々延べ82名(会員47名、一般33名、報道機関2社)の参加があった。本年度(令和2年度後半分を含む)県内で実施された発掘調査成果を総括する発表であった。参加頂いた方々にとっても、考古学や郷土の歴史に関心を寄せる一助となったと考えられる。
コロナ禍で1年ぶりの開催となった。感染症対策を行いつつ、これまでの開催方法とほぼ同形態での開催を行うことができた。
パソコンを利用したスライドによる発表が全体を占め、調査担当者から現場を直に説明頂くような形で発表会を開催した。今回、発表スライドに動画を用いた発表がみられるようになった。
各発表の最後に質疑応答の時間を確保した。各発表に質疑があり、活発な意見交換が行われた。
また、遺物の展示を行い、発表の理解を進める上で大変好評であった。展示会場では各参加者間で活発な意見交換が行われた。

<今後の課題>
本会について、より多くの方に知っていただき、遺跡や調査について興味・関心を高めていけるよう、さらなる周知や情報発信に努めたい。
今年度も遺物展示を行い、好評であった。今後も継続できるようにしたい。
一昨年度は発表の方法に意見があったが、今年度は意見がなく、発表の方法に一定の改善があったと考えられる。今後も一般の方向けの丁寧な説明を心がける必要がある。
上記の課題をふまえ、本会が、単なる情報発信にのみ留まるのでなく、参加された方々相互の親睦や意見交換が促進され、ひいては郷土への理解を深めてゆく機会となるよう、今後も努めていきたい。

会場準備(受付) 会場準備(会場入口)
会場準備(発表会場) 会場準備(ステージ)
会場準備(演台) 会場準備(遺物展示)
会場準備(遺物展示) 開会行事
開会行事 開会挨拶(佐々木和博会長)
開会挨拶(涌谷町教育委員会 教育長 柴 有司様) 総合司会(安達訓仁企画代表幹事)
司会(午前、高橋 透会員・初鹿野博之会員) 司会(午後、須貝慎吾会員・鈴木啓司会員)
仙台市 高江遺跡(仙台市教育委員会 三浦一樹氏)
山元町 合戦原古墳群(東北学院大学辻ゼミナール 金澤日本氏)
仙台市 郡山遺跡・陸奥国分寺跡(仙台市教育委員会 妹尾一樹氏)
利府町 羽黒前遺跡(利府町教育委員会 谷野俊平氏)
多賀城市 多賀城跡(宮城県多賀城跡調査研究所 矢内雅之氏)
岩沼市 原遺跡(岩沼市教育委員会 武田裕光氏)
加美町 南北原遺跡、西岡遺跡(加美町教育委員会 名久井伸哉氏)
栗原市 源光遺跡(栗原市教育委員会 安達訓仁氏)
会場風景(発表) 会場風景(質疑)
会場風景(質疑) 遺物展示
遺物展示
遺物展示
遺物展示
閉会挨拶(佐久間光平副会長)

戻る