ホーム
 
 学会組織など
  役員・事務局
  会則・細則
 
 学会事業・活動
  総会・研究発表会
  遺跡調査成果発表会
  研究部会
 
 刊行物
  会誌『宮城考古学』
  遺跡発表会要旨集
  その他の刊行物
  図書頒布案内
 
 学会からのお知らせ
 連絡紙WEB版
 
 入会案内
 投稿案内
 
 宮城県の考古学情報
 全国の考古学情報
 オンライン考古学情報
 専門職員採用情報
 
 リンク
 
 お問い合わせ
 著作権・免責事項など
  ©2012- 宮城県考古学会
宮城県考古学会総会・研究発表会 > 開催報告 > 平成24年度総会、研究発表会

 総会・研究発表会 <開催報告>

 平成24(2012)年度総会、研究発表会

特集:「宮城県における歴史地震・津波災害
     −考古学的検討を今後より深めるための第一歩」


 2012年度総会、特集講演・研究発表会は、2012年5月20日(日)、下記の日程で東北歴史博物館講堂において開催されました。

総会10:00〜10:50
 田中則和副会長から開会の挨拶があり、つづいて相原淳一会員(議長)、山川純一会員(副議長)、大久保弥生会員(書記)がの議長団により、5 件の議事が行われました。
 議案第1号 2011年度の事業報告について
 議案第2号 2011年度収支決算報告(案)
 議案第3号 2012年度の事業計画(案)について
 議案第4号 2012年度収支予算(案)
 議案第5号 役員改選

 以上の各議案について担当幹事(議案第1・3・5号は大場亜弥幹事長、第2・4号は鹿又喜隆総務代表幹事)から説明があり、審議の結果、議案第1号から第5号まで可決承認されました。

研究発表会10:00〜10:50
特集「宮城県における歴史地震・津波被害‐考古学的検討を今後深めるための第一歩‐」
 講演
  「慶長奥州地震津波の歴史学的分析」 蛯名祐一
 研究発表
  「縄文時代における古津波堆積層」 相原淳一
  「宮戸島の震災履歴」 菅原弘樹
  「仙台平野の弥生時代・平安時代の津波痕跡」 斎野裕彦
  「発掘調査により知られる貞観11 年(869)陸奥国巨大地震・津波の被害とその復興」 柳澤和明
  「2011 年東北地方太平洋沖地震に伴う津波堆積物と古津波」松本秀明
 討論
 以上の講演1 件と研究発表5件を行ないました。参加者は延べ200 名あり、特集目的のとおり今後の研究の第一歩とすることができました。

受付 会員手続・図書頒布
総会 議事説明(大場幹事長) 総会 議事説明(鹿又総務代表幹事)
総会 議長団(相原議長、山川副議長、大久保書記) 総合司会(芳賀企画代表幹事)
辻会長挨拶 特集趣旨説明・講演講師紹介(藤沢会員)
特集講演・研究発表会司会(藤沢会員・佐久間会員) 特集講演(蛯名裕一氏)
研究発表(相原淳一氏) 研究発表(斎野裕彦氏)
研究発表(菅原弘樹氏) 研究発表(柳澤和明氏)
研究発表(松本秀明氏) 討論

戻る