宮城県考古学会 > 連絡紙 > 第34号

宮城県考古学会連絡紙 第34号 2006年 6月30日発行

事務局 〒980−8511 仙台市青葉区土樋一丁目3−1
      東北学院大学文学部歴史学科佐川研究室気付


平成18年度 宮城県考古学会総会・研究発表会

 5月14日(日)、塩竈市ふれあいエスプ塩竈(塩竈市生涯学習センター)において、宮城県考古学会総会・研究発表会が開催されました。はじめに、進藤秋輝会長から開会の挨拶があり、つづいて議長団の選出により、議長に藤澤敦氏、副議長に伊藤博道氏、書記に小野章太郎氏、鈴木雅氏の各会員が選出され、議事が行われました。

議案第1号  平成17年度事業報告について
議案第2号  平成17年度収支決算報告・監査報告について
議案第3号  平成18年度事業計画(案)について
議案第4号  平成18年度収支予算案について
議案第5号  役員の改選について

 以上の各議案について、担当幹事から説明があり、審議の結果、全て承認されました。

 午後からは、5件の研究発表と1件の新施設紹介が行われました。

 終了後、塩竈市の丸勝会館にて懇親会が行われました。


平成18年度事業計画

1 2006年度総会・研究発表会 5月14日(日) 於:塩竈市ふれあいエスプ塩竈
2 宮城県遺跡調査成果発表会    12月 会場未定
  共催:宮城県教育委員会(予定)・宮城県史跡整備市町村協議会(予定)
3 会誌『宮城考古学』の発行    第8号 2006年5月14日発行
4 連絡紙の発行   年4回を予定(第34号〜第37号)
5 ホームページ立ち上げ
6 役員会   年5回程度を予定
7 代表幹事会   随時開催
8 各幹事会    随時開催
9 研究部会の活動
  縄文部会・古墳時代研究部会・中世考古学部会・阿武隈水系研究会

第5期役員
 会長……進藤秋輝
 副会長…佐々木和博
 幹事長…高野芳宏
 幹事
 総務……◎佐川正敏・平塚幸人・大河原基典・渡部紀
 企画……◎長島榮一・吉井宏・芳賀英実・柴田恵子・菅野達雄・武田健市・吉田桂・津 田優佳
 会誌……◎大和幸生・菅野智則・石黒伸一朗・大場亜弥・川又隆央・三浦実
 連絡紙…◎茂木好光・中野裕平・平間亮輔・古川一明・高橋義行・千葉直樹
 監事……早坂春一・白鳥良一


学会情報

第12回東北中世考古学会・宮城大会
 日 時 : 平成18年10月14日(土)・15日(日)
 会 場 : 東北歴史博物館講堂
 テーマ : 遺跡研究の方法―東北中世考古学の12年―
 参加費 : 3,000円(資料代込み)
※ 申し込み方法・詳細については次号にてご確認ください


講演会(企画展)情報

企画展「矢本横穴墓をあばく―古代牡鹿地方の豪族の墓―(仮題)」
 日 時 : 平成18年8月1日(火)〜8月13日(日)(予定)
 会 場 : 東松島市コミュニティセンター創作室
文化財フォーラム「矢本横穴墓をあばく(仮題)」
 日 時 : 平成18年8月6日(日)午後1時〜
 会 場 : 東松島市コミュニティセンターホール


博物館イベント情報

特別展「熊野信仰と東北―名宝でたどる祈りの歴史―」
 期間:7月29日(土)〜9月10日(日)
 熊野信仰の成り立ち、東北地方における熊野信仰受容の様相を紹介するとともに、熊野信仰に関連するさまざまな名宝を多数展示して、大霊場・熊野三山を考察します。
 東北歴史博物館 多賀城市高崎1丁目22−1 TEL022-368-0101
館長講座
 テーマ:「平泉への道」(全20回)       開 催 期 日
  第6回  「前九年の合戦(2)経過」    7月 1日(土)
  第7回  「前九年の合戦(3)結末」    7月15日(土)
  第8回  「安倍富忠と防御性集落」    9月 2日(土)
  第9回  「陸奥国と出羽国」       9月16日(土)
  第10回  「平安時代の東北南部(1)」   9月30日(土)
  ※ いずれも午後1時30分から3階の講堂で行われます。
ギャラリートーク(考古学関連のみ)
  7月 5日(水) 「古代多賀城役人の食事風景」(須賀正美)
  7月12日(水) 「田柄貝塚について」(手塚均)
  7月26日(水) 「多賀城南の町並み発見に至るまで」(高野芳宏)
  8月 9日(水) 「杉山コレクションの埴輪―総論―」(丹羽茂)
  8月23日(水) 「文化財の保存と修復―最近の話題からU―」(及川規)
  9月13日(水) 「縄文土器の分布と変遷」(白鳥良一)
  9月20日(水) 「縄文前・中期の土偶」(阿部博志)
  ※ いずれも午後2時00分から総合展示室他で行われます。


お詫びと訂正(会誌幹事会)

 会誌第8号250頁に掲載いたしました「惜別芹沢長介先生を偲んで」の本文4行目の芹沢先生の生年月日を「大正9年10月21日」としたまま本誌を刊行してしまいました。これは正しくは「大正8年10月21日」の誤りです。お詫びして訂正申し上げます。


宮城県内の発掘調査情報

市町村名  遺跡名     所在地       調査期間  調査主体    時代
大崎市  南小林遺跡   大崎市古川小林  〜12月中旬  大崎市教委  古代
 〃  名生館官衙遺跡  大崎市古川大崎  〜7月上旬     〃    古代
 〃   新田柵跡    大崎市田尻八幡  〜7月上旬     〃    古代
多賀城市 市川橋遺跡  多賀城市市川    5月15日〜 宮城県教委  古代・中世
     古代の道路跡、掘立柱建物跡、中世の河川跡など
登米市  布目遺跡     登米市登米   〜6月下旬 宮城県教委    古代
亘理町  臥牛城跡     亘理町旧館   4月17〜19日亘理町教委    古代
蔵王町  六角遺跡   蔵王町小村崎  5月15日〜 蔵王町教委  古墳〜古代
     古墳〜古代の竪穴住居跡5軒など
美里町  一本柳遺跡  美里町小牛田 6月1日〜 美里町教委 古代・中世
    〃   牛飼遺跡     〃      4月10〜13日   〃    縄文・古代
     掘立柱建物跡5棟など
加美町  早風遺跡   加美町宮崎  〜6月中旬 宮城県教委  古代
     東山官衙遺跡の外郭施設である土塁跡と溝跡を検出
  〃  薬莱原15遺跡 加美町小野田 5月12日〜  加美町教委   旧石器
 〃   壇の越遺跡   加美町宮崎   5月8日〜     〃    古代
     南北大路、道路跡、交差点など


現地説明会

 7月8日(土) 10:30〜 木戸瓦窯跡群第3次調査(B・C地点の窯跡の調査)


役員会・幹事会の動向

▼ 代表幹事会 7月 1日(土)東北歴史博物館 平成18年度事業の進め方について
▼ 役 員 会 7月 1日(土)東北歴史博物館     同      上


総務幹事会からのお知らせ

 2006年度会費未納の会員の皆様、会費を早期に納入願います。2005年度以前の会費が未納の会員の方に対しましては、会費納入を確認次第、会誌8号をお送りいたします。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。また、住所、電話番号(FAX・Eメール)、勤務先(所属校)などに変更がございましたら、事務局までご連絡願います。
 ※連絡先:総務幹事会 代表 佐川正敏
 〒980−8511 仙台市青葉区土樋一丁目3番1号 東北学院大学文学部佐川研究室
 TEL 022−721−3245 FAX 022−264−6530


☆☆☆ 宮城県考古学会刊行物 頒布案内 ☆☆☆

▽ 会誌『宮城考古学』第1号(残部僅少)・第4号・第5号・第6号・第7号・第8号  頒価2,500円


宮城県考古学会入会案内

 当学会では、考古学や歴史を学んでいる方、興味関心がある方など会員を随時募集しています。
 入会申し込みは、氏名(フリガナ)・住所・電話番号(fax/e-mail)、勤務先(学校名)の連絡先を明記の上、年会費(4,000円・学生等2,500円)を郵便振替にてお送りください。なお、通信欄には必ず「入会」とお書きください。
  郵便振替口座 02210−1−41792 宮城県考古学会


情報・寄稿などお寄せください!!

 次回の連絡紙(第35号)は平成18年9月下旬発行の予定です。考古学に関する情報や寄稿、会員通信にも役立ててもらいたいと思います。また、連絡紙の内容や取り上げて欲しいこと、提言などご意見ご要望もお待ちしております。
 概ね9月15日頃までにお知らせいただければ掲載可能です。郵便またはファックス、Eメールで連絡紙代表幹事の茂木までお願いします。


ホーム     連絡紙一覧