宮城県考古学会総会・研究発表会 > 平成24年度総会、特集講演・研究発表会

平成24年度総会、特集講演・研究発表会
特集:「宮城県における歴史地震・津波災害−考古学的検討を今後より深めるための第一歩」
 平成24年度総会、特集講演・研究発表会は、下記の日程・テーマで開催します。

案内チラシ(PDF)

特集:「宮城県における歴史地震・津波災害
     −考古学的検討を今後より深めるための第一歩」

 昨年3月11日に発生した東日本大震災を受け、宮城県内でこれまで起きた歴史地震・津波災害を考古学的に考えて行こうという試みです。震災後、関心の高いテーマです。一般の方の参加も歓迎します。

日時:5月20日(日) 10:00〜17:00
  【総会】 10:00〜11:00
  【特集:講演】 11:00〜12:00
  【特集:研究発表会】 13:00〜16:40

会場:東北歴史博物館3階講堂
  (多賀城市高崎一丁目22-1 JR東北本線国府多賀城駅下車徒歩すぐ)
参加費:無料、資料代300円
主催:宮城県考古学会
共催:宮城県教育委員会、多賀城市教育委員会


日程:
9:30 受付開始
【総会】10:00〜11:00 対象:宮城県考古学会会員
  @役員改選
  A平成23年度事業報告
  B平成23年度収支決算報告・監査報告
  C平成24年度事業計画(案)
  D平成24年度収支予算(案)
【特集講演・研究発表会】11:00〜17:00
「宮城県における歴史地震・津波災害−考古学的検討を今後より深めるための第一歩」

11:00〜11:10 趣旨説明・講師紹介
11:10〜12:00 特集・講演
  講演:蝦名裕一 「慶長奥州地震津波の歴史学的分析」
12:00〜13:00  昼食休憩
13:00〜16:50  特集:研究発表
13:00〜13:30  
  研究発表:相原淳一 「縄文時代における古津波堆積層」
13:30〜14:00  
  研究発表:菅原弘樹 「宮戸島の震災履歴」
14:00〜14:30    
  研究発表:斎野裕彦 「仙台平野の弥生時代・平安時代の津波痕跡」
14:40〜15:10
  研究発表:柳澤和明「発掘調査成果からみた貞観11年(869)陸奥国巨大地震・津波の被害と復興」
15:10〜15:40
  研究報告:松本秀明 「2011年東北地方太平洋沖地震に伴う津波堆積物と古津波」
15:50〜16:50  討論:司会 藤沢敦・佐久間光平
16:50〜17:00  閉会行事
【懇親会】 17:30〜
 会場:ホテルキャッスルプラザ多賀城
 会費:一般4,000円 学生3,000円
(要申し込み、当日申し込み可)
 連絡先:宮城県考古学会 企画幹事会 芳賀英実 (告知期間終了につき連絡先削除)


ホーム  総会・研究発表会